読書の楽しさを伝えるための日々の記録

トップページ【評価順】経済・金融の本> 【読書感想】『利食いと損切りのテクニック』アレキサンダー・エルダー

トレードのリスク回避の基本が書かれている

『利食いと損切りのテクニック』アレキサンダー・エルダー著 書評

利食いと損切りのテクニック (ウィザードブックシリーズ)

4104円

サイト管理人の評価

 

スポンサーリンク

 

著者のアレキサンダー・エルダー博士はプロトレーダーであり、トレード講師、心理学者。投資についてのサイトを開設し、世界中のトレーダーに教育サービスを提供しています。

 

また、世界中でベストセラーとなっている『投資苑』シリーズの著者としても知られています。

 

本書はタイトルの通り、利食いと損切の方法について書かれ、サブタイトルである「トレード心理学とリスク管理を融合した実践的手法」を教えてくれます。

 

2012年に書かれており、リーマンショック後の下げ相場の時期ということもあり、「空売り」についての記述も多くなっています。

 

全4部、10章で構成されており、その内訳は下記の通り。

 

■第1部 心理学、リスク管理、記録
1章 買いについて
2章 トレード心理学とリスク管理
3章 記録をつける

 

■第2部 どのように売るか
4章 目標価格で売る
5章 ストップで売る
6章 「エンジンノイズ」で売る

 

■第3部 どのように空売りをするか
7章 株の空売り
8章 株以外の空売り

 

■第4部 下げ相場の教訓
9章 弱気派が利益を上げる
10章 底値を探る

 

ところどころ、確認テストとその解答・解説が挟まれているのですが、これがとても読みずらい。

 

参考書のようにテストと解答のページを何度も往復する必要があるので、面倒くさく、途中からテストの箇所は飛ばしてしまいました。

 

また、内容としては投資で大きな損出を出さないための基本的なルールが中心。

 

「トレード記録を付け、利食いと損切を明確にしておく」という、とても大切なことを教えてくれるのですが、ある程度熟練したトレーダーさんであれば必ず実施しているであろうという内容で、特に目新しいことはありませんでした。

 

どちらかというと、初心者向けといえそうです。

 

「利食いをした後、さらに利益が伸びた」り、「損切をした後に元に戻った」など、トレードを行っている者にとっては、必ず経験するであろうエピソードも盛り込まれ、それでもなおルール通りに遂行したことを良しとする大切さを伝えています。

 

わかってはいるけれどどても難しく、欲との闘いですね。

 

先述したように、トレードの基本が書かれており、初心者には必読の書といえるのかもしれません。

 

こんな人におススメ!
・初心者のトレーダーの人
・大きな損出を出さないルールを学びたい人
・「売り」から入るトレードについて学びたい人

 

スポンサーリンク

 

読書日:2016年9月